生きる~猫と音楽と躁うつ病と~

うつ病→双極性障害7年目になる引きこもりシングルマザーの心の記録☆*.。

毒になる母親

息子の学習発表会まで時間があったので


「12時半に起こしてください」
と言って
布団に逃げ込みました。


予想通りウトウト…
「時間だよ」と言われてハッとしました。


でも発表会は13時半だし45分に起きれば
間に合うと思いもう少し布団の中に。


「いつまで寝てるの!?」


「13時半まで時間あるし…」
と言いかけると


「何言ってんの!?13時10分からだよ!!
そんな寝てる状態の人が来られても周りが迷惑するだけだから家にいて寝てて!!」




『迷惑』と言う言葉が突き刺さりました。


私はその場にいるだけで『迷惑』な存在。



もう洋服も用意して着替えるだけでした。


でも『迷惑』の言葉が離れなくて
再び布団に逃げてしまいました。



この日のために毎日練習してきた息子。


やっぱりその姿を見てあげたい。



急いで布団から出ると階段を駆け下り
「すぐ着替えるから待ってて」
と言いました。


「もう時間だから無理」


そう言って玄関のドアを閉められました。



しばらくぼう然としてましたが


「やっぱり行かなくちゃ!!」
急いで準備してた服に着替えました。



家には軽トラ1台だけ。
私はマニュアル車は運転できません。


普段は敬遠してる父に頼みました。


私の母が行ったからお前が行く必要ない。
との返事が返ってきました。


それ以上何も言えませんでした。



結局またパジャマに着替え2階の寝室へ。


自分への怒りと情けなさと何より失望感で
いっぱいになりました。


発表会を見てない私が学校から帰ってきた息子にどんな言葉をかけられるの!!


どの面下げて迎えられるわけ!!


中途半端に名ばかりの母親で存在するなら
いっそ居ない方が幸せなんだろうな。


『毒になる母親』
以前に読んだ本が浮かんだ。


まさに私のこと。存在が毒でしかない。


純粋で優しい息子の心を蝕んでいく。



「死んで許させるなら…」



それは自分が抱えている罪悪感からの
一番安易な逃げでしかない。


どこにも救いなどないのだ。





私が生まれてきたことが
一番の罪なのかもしれない。



↓↓あなたの心に届いたらポチお願いします🐈🐾

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。