生きる~猫と音楽と躁うつ病と~

うつ病→双極性障害7年目になる引きこもりシングルマザーの心の記録☆*.。

暗黒の入院生活Part1

家族の冷たい視線をビシビシと感じながら

セブンの冷凍牛ホルモンをチン💡


モグモグ食べておりますσ(´~`*)


結局お風呂に入れましたー☺️🛁

頭ん中スッキリしてるので入院中のお話を。


私の主治医は『入院』に消極的です。

先生自身も言ってました。


状態により強制的な入院もありますが

自ら入院したがる時があります。


きっと入院すれば今の苦しさから解放される…それ以外考えられなくなるのです。


訪問看護でもお世話になってる看護婦さんが

「ここりんさんは入院させないと気が済まないから」と最後は先生に言ってくれ

入院となります。


ただ、自ら望んで入院したのに入院初日から

もう後悔の日々です🙈


泣きながら「帰りたい」と電話する始末www



私の住んでるところは田舎なので

精神科の入院施設はとても少ないです。


そしてどうしても家の近場を選ぶので

入院する病院が限られてきます。


世の中高齢化と言われていますが

まさに精神科病棟も高齢化が加速しています。


私は閉鎖病棟しか入院経験がありませんが

その階の半分が認知症患者です。


田舎のせいもあって精神患者だけでは

経営が成り立たないのでしょう。


認知症患者が多数の環境で精神の治療なんて

とても出来るわけがありません。


廊下を徘徊、汚物の臭い、部屋への無断侵入等など最悪な環境です。


なぜこんな所に自ら入院してきたのか

入院してから初めて現実を認識し

後悔するのです😢💦


それからは惨めな毎日です。

不味い食事に認知症患者との共同生活…

いつ部屋に入ってこられるかわからないので

夜も安心して眠れません。


数少ない楽しみは週3回のお風呂と

おやつの時間。


社会とは一切遮断された空間は

そこだけ時が止まったようです。

一歩も外に出れず

窓から同じ風景を眺め時間が過ぎるのを待つのです。


入院してから2時間しか眠れない日が

1週間続きました。

毎日看護師に訴えても追加の眠剤も処方されず、精神的にも限界に…

作業療法中にハサミでリスカする暴挙に💣


静養&治療しに来てるのにリスカってwww


そして毎回、治療半ばで退院を申し出るのです。


先生が入院させたがらないわけです🙈💦


いまだに入院中に流れてたテレビ番組の音が耳に入って来ると憂鬱な気分になります。


入院したい病が発症したら

このブログを読み返そうと思いますwww


もう一つ別の病院に入院した事があるんですが、そこは認知症との住み分けが出来ていました。

ただ、また別の問題があり

その病院にはもう入院する事が出来ません。


それはまた今度お話しますね。


ではそろそろ眠剤投入😴💤



皆様今日も1日お疲れさまでした🌼*゚


↓↓あなたの心に届いたらポチお願いします🐈🐾

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。